『得点奪取古文―記述対策(河合出版)』

 河合塾講師陣の書いた記述対策本。
1. 概要
 古文の基礎的知識を基盤として、記述式問題の解答のポイントを示し、問題を解いていくことでそれらの習得を図る。
 この際に、知識の確認・強化は同時に行う。
 記述問題は大きく分けて3つになる。それは「解釈」「説明」「要約」である。典型問題でそれぞれの型の解法を理解し、練習問題で練成する。
2. 構成
 2部構成。別冊として、練習問題の解答・解説編がある。
 第1部は「典型問題編」である。ここで3つの章(解釈・説明・要約)があり、それぞれの解法の要点を理解する。典型問題の解答解説には受験生の答案添削がついており、解答の書き方を効率よく身に付けられるようになっている。一つの章は導入・要点の説明→問題→解答・解説で構成されている。
 第2部は「練習問題編」である。全部で12題あり、全てオリジナル問題である。解答欄があり、コピーやそのまま書き込むなどで実際の試験の形態で問題が解ける。別冊に解答や解説、内容早わかり、全文解釈、採点基準、出典情報などが掲載され、より深く知識を身に付けられる。
3. 評価
(1) 長所
 やりづらく、取っ付きづらい記述問題に確かな指針を与える。
 典型問題や練習問題を合わせて全部で15題ある。多すぎず少なすぎずで過去問前の演習としては最適な分量である。
 記述問題の解法を身に付けると同時に、今までに習得してきた知識の確認や新たな知識の習得が可能となっている
 解答例や添削例が豊富で使い勝手がいい。
(2) 短所
 古文の基礎的知識を持っていることが前提となる。
(3) 総合評価と感想
 過去問の前にやる本としては最適だと思います。二次・私大で記述問題が出る方はぜひやるべきです。
 欠点は特に無いのではないかと。問題の質、解答・解説の詳しさ。どれをとっても問題なし。値段も1000円だし。
 92点。1ヶ月もあれば終わります。一日1題で2周すれば十分です。あとは過去問を解きまくりましょう。

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)