『Good Morningティーチャー』第11巻 重野 なおき著

 物語をかなり進行させていってるみたいな第11巻。
 相変わらず、テンションが高めで読みやすい漫画を描いてくれています。
 ただ、キャラクターの個性を先鋭化していって、逆に痛々しいギャグになってしまっている印象。
 特に沖田先生話が長すぎる。ここまで引っ張るネタにも思えないのだが。最初はいいとしても、もう少し縮めてもいいのでは。
 あと綾の絵描きネタもなあ。ゆいゆいの進路を決定させるためとはいえ、悪乗りしすぎてるのでは? キャラの所有者に突っ込むのもおかしい気がしますが。


 現実時間だともう10年連載しているんですねぇ。10年ぐらい経つとさすがに一区切りつけてもいいのかなと思ったりします。
 ただ、個人的には白泉社で連載しているのもたびびともあまり興味を持っていないのでグッティが続いたほうがいいのかな。


 4コマ漫画はあまり感想書くことないです。
 そこが魅力なのかもしれません。